このサイトは東京都立昭和高等学校 全日制同窓会のホームページです。

会則

東京都立昭和高等学校全日制同窓会規約

第1章 総  則

第 1 条 本会は、都立昭和高等学校全日制同窓会と称する。
第 2 条 本会は、会員相互の親交、友愛を永続せしめ、且つ母校の充実・発展に資するを以て目的とする。
第 3 条 本会の事務所は、都立昭和高等学校(以後「昭高」と記す。)内に置く。

第2章 組  織

第 4 条 本会は、正会員、客員、名誉会員を以て組織する。

  1. 正会員とは、昭高全日制卒業生とする。但し、昭高全日制に在学したことがあり、本人が同窓会員になることを希望し、且つ理事会の承認を得た場合正会員となることができる。
  2. 客員とは、昭高現教職員とする。
  3. 名誉会員とは、客員であった者及び本会発展に功労があり、本会が推せんした者とする。
第 5 条 本会は必要により支部を設置することができる。但し、その設立については理事会の承認を要する。
第 6 条 本会は、会務を執行するため次の役員を置く。

  1. 会長1名 会長は、本規約の定めに従い、会務の執行を総括し、本会を代表する。
  2. 副会長2名 副会長は常に会長を補佐し、会務を処理し、会長事故あるときは、これを代行する。
  3. 理事若干名 理事は会長を補佐し、会務を掌る。
  4. 監事2名 監事は、本会の会計事務を監督する。
第 7 条 前条に定める役員の選出方法は、次のとおりとする。

  1. 会長は、評議員会において正会員中より選出する。
  2. 副会長は、会長が指名する。
  3. 理事及び監事は、評議員中より会長が委嘱する。
第 8 条 役員の任期は、2年とする。ただし、再選を妨げない。
2 役員は、その任期満了後でも後任者が就任するまでは、なおその職務を行う。

第3章 事  業

第 9 条 本会は、目的達成のため下記の事業を行う。

  1. 同窓会名簿の発行
  2. 同窓会誌の発行
  3. その他本会の目的達成に関する事業

第4章 会  議

第 10 条 会員の総会は、役員会の決議又は評議員会若しくは100名以上の会員より請求のあったときは会長が召集する。
第 11 条 本会に評議員会を置く。
2 評議員会は、評議員若干名をもって構成する。
3 評議員は、評議員会において選任する。
第11条の2 評議員会は、次に掲げる事項を議決するものとする。

  1. 会長の選任
  2. 評議員の選任及び解任
  3. 重要な財産の取得及び処分
  4. 予算及び決算の承認
  5. 理事会において重要な事項と認めたもの
2 評議員会で議決した事項は、総会の承認を求めるものとする。
第11条の3 評議員会は会長が召集する。また、評議員の2分の1以上から請求のあったときは、会長は評議員会を召集するものとする。
第 12 条 本会に理事会を置く。
2 理事会は、会長、副会長及び理事をもって構成する。
3 理事会は、会務を執行するため、必要に応じ会長が召集する。理事会の議長は、会長とする。
4 理事会の議事は、別段の定めがある場合を除くほか、出席者の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

第5章 会  計

第 13 条 本会の経費は、入会金、会費、寄付金及びその他を以てこれに充てる。
第 14 条 入会金は、500円・会費は3,600円とし、在学中にこれを納入する。但し、これが不足を生じたる場合には、臨時会費を徴収することができる。
第 15 条 本会の予算及び決算は、理事会に付議し、評議員会の承認を得るものとする。
第 16 条 本会の会計年度は、毎年6月1日に始まり翌年5月31日までとする。

第6章 雑  則

第 17 条 会員は、住所、氏名、その他一身上の変動ある場合には、速やかに本部に報告するものとする。
第 18 条 本会は、会員に会員としての業務を怠り、又は対面を汚損する行為があったときは、理事会が発議し、総会において出席会員の3分の2以上の承認を得た場合、除名又は会員資格を停止することができる。
第 19 条 本会の規約を変更しようとするときは、評議員会において出席した評議員の4分の3以上の同意を得なければならない。

附  則

本規約は、昭和38年7月7日より実施する。

附  則

本規約は、昭和42年4月1日から施行する。

附  則

この規約は、昭和44年度の総会から適用する。

附  則

  1. この規約は、第14条の改正規定を除き、昭和63年10月23日から施行する。
  2. 第14条の改正規定は、昭和64年4月1日から施行し、昭和64年度の昭高入学者から適用する。
  3. この規約による役員及び評議員が選任されるまでの間、現在の役員が引続きその職務を行う。
  4. 第7条第1号の改正規定にかかわらず、当初の会長については、昭和63年度の総会において選出する。
  5. 第11条第3項の改正規定にかかわらず、当初の評議員については、正会員中より会長が委嘱する。
  6. 第11条の2第1項第4号及び第15条の改正規定にかかわらず、昭和63年度の決算については、なお従前の例による。
PAGETOP
Copyright © 東京都立昭和高等学校全日制同窓会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.